林ゼミ

2018年度基本データ(簡単に)

[ゼミ名]

林 勇吾ゼミ

[人数]

11人

[雰囲気]

真面目、静か

[このゼミの特徴]

ゼミが始まる前に1分ほどで1週間の出来事を話す

ゼミでの学習について

[学習内容]

認知科学やヒューマンインターフェイスの他にも、社会心理学関連の研究など、各自興味のある分野を学ぶことが出来ます。

[授業の進め方]

毎週決められた発表者が論文の紹介を行い、他のゼミ生と議論を交わし、最後に先生からコメントをいただくという形をとっています。

[スケジュール]

3回生春学期 論文紹介と興味のある分野、調べたい研究の方向付け
3回生秋学期 研究計画作成、予備実験
4回生春学期 実験
4回生秋学期 卒論のまとめ

[課題について]

決められた課題はない。

[卒論へのフォロー]

前期から卒論に意識を向けた授業を行っている。自分から相談に行けば研究内容の提案や論文の紹介などをして下さる。

[出席の重要度]

重要。遅刻・欠席の際は連絡必須。

[ゼミ旅行、合宿]

行く年もあれば行かない年もある。飲み会もだが、基本はゼミ生が主導で決める。

[ゼミ生同士の関係は?]

ゲームが好きな人が多い。気さくに話せる!

[教授ってどんな人?]

真面目だが、少し天然(笑)

[教授との関係性は?]

近すぎず遠すぎず、けれど発破はかけてくれる

[ゼミで何が身に付いた?]

論文を読む力、論文をまとめる力、自分の意見をまとめる力など。また希望者はプログラミングについても学べます。