田中幹大ゼミ

2018年度基本データ(簡単に)

【ゼミ名】田中 幹大ゼミ

【人数(だいたい)】 20人

【雰囲気】 和気あいあい

【このゼミの特徴】やるときはやる

 

ゼミでの学習について

【学習内容】

フィールドワークを通した中小企業の現状や課題について学んでいます。

【授業の進め方】

3回生の時は主に教授の指定した本をグループごとにまとめて発表していました。発表の形式はパワーポイントを用いていました。また、3回生の時には茨木市にある企業にフィールドワークを行いました。

【スケジュール】

3回生春学期 教科書のプレゼン、フィールドワーク

3回生秋学期 教科書のプレゼン、フィールドワーク

4回生春学期 卒業論文テーマ決め

4回生秋学期 卒業論文作成

【課題について】

平均すると3週間に1回のペースで自分の課題の順番が来ます。3回生の時には教科書をまとめること、4回生の時には各々考えてきた卒論のテーマについてプレゼンします。学期末にも課題が出ます。

【卒論へのフォロー】

自分の考えたテーマについて教授がアドバイスをくれます。

【出席の重要度】

普通の授業と比率は変わらないですが、就職活動中は少し見逃してくれます。

 

その他

【ゼミ旅行、合宿】

3回生の夏にゼミのみんなで北海道に行きました。決して遊びに行ったのではなく、1次産業が盛んな北海道での6次産業の現状や課題について学びました。また、6次産業の補助金やその補助金を利用している事業所に訪問し、学びを深めました。ジンギスカンおいしかったです。

 

【ゼミ生同士の関係は?】

結構仲いいです。半年に一回は飲みに行ってます。北海道もちょーーー楽しかったです

 

【教授ってどんな人?】

たまに怒られますが、基本的に滅茶苦茶優しい方です。俳優の六角精児さんに激似です。

 

【教授との関係性は?】

飲み会には必ずと言っていいほど出席してますし、ゼミでも楽しそうに会話しているので、目上の人には失礼な表現かもしれないですが仲良しです。

 

【ゼミで何が身についた?】

かけがえのない友と、知識

 

任意

【ゼミの写真】