髙松 里江ゼミ

2018年度基本データ(簡単に)

【ゼミ名】高松ゼミ

【人数(だいたい)】11人

【雰囲気】静か、和やか、優しい

【このゼミの特徴】ガンガン統計!論文をたくさん読む

 

ゼミでの学習について

【学習内容】社会学、家族、ジェンダー心理学

【授業の進め方】

3回生前期

本の「家族や社会」や論文を読んで解釈していく。ゼミ生が担当を持ちまわって、担当回には、論文などの説明や議論の論点について紹介する。新しい統計手法が出てくる論文の前の回には、担当者は、その統計手法の分析結果の読み取り方を解説する。

【スケジュール】

3回生春学期 ゼミで論文を読み、分析手法について学ぶ

分析をできるようになる

卒論のテーマや夏休みの計画について考える

3回生秋学期 研究を進める

卒論を執筆する

4回生春学期 卒論に関する報告書をお互いに読み合い、ブラッシュアップ

文献購読

4回生秋学期 卒論提出

卒論研究発表会

【課題について】

担当回の前には準備が必要

夏休みに課題あり

【卒論へのフォロー】相談すれば、一緒に考えてくれる

【出席の重要度】担当回は必ず出席

 

その他

【ゼミ旅行、合宿】企画段階

【ゼミ生同士の関係は?】優しい人が多く、仲良し!

【教授ってどんな人?】若干スパルタ 統計が得意 学生の意見を聞いてくれる お酒を飲まない

【教授との関係性は?】親密すぎないけれど、距離がありすぎない

【ゼミで何が身についた?】統計分析の手法、読み取り方、論文を読む力