守屋貴司ゼミ

2018年度基本データ

【ゼミ名】守屋ゼミ

【人数】21人(1人休学者がいたため)

【雰囲気】互いの価値観を尊重していて、皆仲が良い。独りぼっちがいると放っておかない雰囲気。自由・自律。

【このゼミの特徴】「まとまりがない」のがこのゼミの特徴。皆が主体的で自分の考え方を持っているので、ゼミ長がまとめようとするほどまとまらない(笑)そのため、何か企画するときは指示しなくても各自行動力があるのでまとめる必要がない。勝手にまとまってくれる時はまとまってくれる。基本方針は「この指止まれ」。イベントは強制参加ではなく、参加したい人だけ参加するような感じ。実際に工場見学では21名中5名しか参加しなかったこともありました(笑)逆にそうした自由な組織風土のおかげか、集まる時はびっくりするくらいドッと集まってくる。みんなゼミが好きなんだなと、ゼミ長視点から見るとそう思います。また、就活指導が手厚いです。

 

ゼミでの学習について

【学習内容】キャリアデザイン・ライフデザインについて学びます。現代社会における女性の職場における差別構造や女性に優しい(働きやすい)企業を研究したり、現代企業や役所などの組織の「働き方」・「働かせ方」の研究、非正規雇用者の研究や様々な職種(社長・教員・ジャーナリスト・公務員・スポーツ選手)のキャリア形成に関しての研究など、様々な研究について学びます。

 

【授業の進め方】

3回生の頃は教科書の内容を3~4人のグループを作って、学習した内容をそれぞれパワーポイントでまとめ、発表し合う学習形式です。教授からフィードバックをもらうことで理解を深めます。

【スケジュール】

3回生春学期 教科書の内容をプレゼン

3回生秋学期 進級論文作成

4回生春学期 卒業論文テーマ決め

4回生秋学期 卒業論文作成

【課題について】

3回生の頃は前期後期共に発表が必ずあるので、それに関しての事前学習・調査を行い、パワーポイントの作成が必須になります。4回生には、卒業論文に向けてのテーマ設定および、草案の発表があるので、それに関してもパワーポイントの準備が必要です。ただし、4回生の時期は就職活動が重なるので、そちらの進行が順調でなければ発表は強制ではありません。

【卒論へのフォロー】

4回生の授業中に卒論についての発表を行い、その際に教授からフィードバックをもらいます。熱が入っている学生はオフィスアワーに教授にアポを取ってアドバイスをもらいに行くことも多いです。

【出席の重要度】

3回生の時は出席を必ず取ります。4回生の時は就活が重なるため、欠席した場合はその代わりとして就職活動報告を提出します。

その他

【ゼミ旅行、合宿】

3回生の時は教授が同行するような合宿はありませんでした。ゼミ旅行は私たちは白浜に行きました。今話題のAirbnbで宿を借り、旅行もとても楽しめました。

【ゼミ生同士の関係は?】

とても仲が良いです。何かイベントや節目があれば飲み会を誰かが企画してくれますし、何はともあれ集まるのが大好きなゼミ生たちです(笑)

【教授ってどんな人?】

人を見る能力が非常に長けている先生です。人的資源管理を研究されているだけあって、人間を見る目は鋭いです。基本的に学生と話すのが好きで、オフィスアワーにはほとんどの時間学生と話をしています。

【教授との関係性は?】

学生と仲が良く、話がしやすい先生です。そのため、よく人生相談に乗ってもらうこともあります。何か困ったことがあると、「相談に行けばヒントが得られるかも?!」とついつい考えてしまいます。

【ゼミで何が身についた?】

自主性、グループを動かす推進力、他者を尊重するということ

 

任意

【ゼミの写真】

【ゼミ長のメールアドレス】

ba0556es@ed.ritsumei.ac.jp