森裕之ゼミ

2018年度基本データ(簡単に)

【ゼミ名】
森裕之ゼミ
【人数(だいたい)】
15名(4回生のみ)
【雰囲気】
明るく、真面目
【このゼミの特徴】
ゼミ生同士仲が良いが、オンオフがしっかりしている

ゼミでの学習について

【学習内容】
人口減少時代の諸政策について学んでいる。研究内容は、自治体運営、観光、公共事業、交通、防災など多岐にわたるが、諸問題の解決に向けた課題である財政を中心に学習を進めている。
【授業の進め方】
3回生時は課題本を決め、輪読を中心に議論の仕方を学ぶ。加えて基本事項には先生の講義を受け知識をつける。3回生後半から4回生にかけては、論理的思考力を鍛えるため、個人の研究内容に沿った発表とそれについての議論を深める。
【スケジュール】
3春 課題図書 輪読、内容発表、議論
3秋 Psエキスポに向けグループを作り発表とフィードバック
4春 卒論制作に向け、個人の研究テーマ発表と先生からのコメント
4秋 卒論完成にむけ、内容の審査と議論
【課題について】
3回生時は、発表者をランダムに決め要約発表があるが、難しいものではない。その他は、進捗により変化あり。
【卒論へのフォロー】
4回生春学期から、個人の研究テーマを発表し、それについて先生からのコメントとアドバイス、ゼミ生との議論を通じて、書く内容の方針と研究計画を立て易いだろう。
【出席の重要度】
学内規則の5回以上の欠席は、単位不可となる可能性がたかい。出席の重要度は高い。

その他

【ゼミ旅行、合宿】
3回生 長野県飯田市 コミュニティ政策
4回生 大阪府堺市 都市政策
【ゼミ生同士の関係は?】
仲良し
【教授ってどんな人?】
常に親身にゼミ生の事を考えてくださり、たくさんの話を教えてくださります!
【ゼミで何が身についた?】
論理的に考え、それについて簡単にわかりやすく説明できる能力が身についた