平岡和久ゼミ

2018年度基本データ(簡単に)

【ゼミ名】
平岡ゼミ
【人数(だいたい)】
学生15人 先生1人
【雰囲気】
真剣なときは静か
基本は少し賑やか
【このゼミの特徴】
合宿が2回あってその中で、フィールドワークやグループワークをたくさんできる。
そのため、自分でアポを取ったり、質問内容を考えたり、みんなで一つの成果物を出して発表したりなど、研究をする上で必要となることを身をもって体験できる。
大きなところでの研究大会に出て発表もあるので、やりがいもある。

ゼミでの学習について

【学習内容】
先生の専門が「地方財政」なので、それに関わる本の輪読やテーマを決めて研究を行う
【授業の進め方】
3年生時は、グループを組んでの研究で先生の指定の本の輪読やフィールドワーク、グループワークを行い、研究を行う。
4回生時では、3回生との合同ゼミで輪読とグループワークを、基本的には卒論の中間報告を行なって、フィードバックをもらう。
【スケジュール】
3回生春学期
指定の本の輪読

夏休み
長野県飯田市へ2度合宿

3回生秋学期
指定の本の輪読
京都コンソーシアムへ向けたグループ研究と発表の準備

4回生春学期
卒論テーマ決め
指定の本の輪読

4回生秋学期
卒論の作業

【課題について】
基本的には輪読の際にレジュメを作って発表が課題と言えるぐらい
3回生時のセミナーハウスの合宿では、大変な課題あり。
【卒論へのフォロー】
2週に1度卒論の中間報告があり、そこで必ずフィードバックをもらえる。また、いつメールをしても先生からは返信が返ってくる。
【出席の重要度】
基本的には成果物で判断だが、出席は毎日取られているので、A.B.Cの判定に使われていると思う。

その他

【ゼミ旅行、合宿】
今度旅行で屋久島に行きます。
合宿は作業が大変な分、遊ぶことがほぼできませんが、ゼミ生同士の仲が良くなったと思う。
【ゼミ生同士の関係は?】
よく集まったり、いつもみんなで仲良く喋っている感じ
みんなが仲良いと思う。
【教授ってどんな人?】
いろいろ厳しいことを言われるが、いつも的確にアドバイスをくれ、生徒のことをよく見てくれている。
【教授との関係性は?】
けっこう学生がいじられたりするので、仲良いです。
【ゼミで何が身についた?】
しっかりとした研究作業ができると思います。グループワーク、フィールドワーク、発表段階踏んでできます。