【7月19日11:10〜】学生限定”50名”「人生センパイ教室」をOICで開催!

ダメダメだった過去の自分

高校進学後、アメフト部に所属していたという竹之下専務。

当時のことを振り返ってこうお話してくださいました。

専務「そうやねぇー、あの時はそんな目立った選手じゃなかったかなぁ」

「もちろん練習も頑張ってたし、スタメンも狙っていたんやけど、そんな運動神経も良くなかったしなぁ。」

Syumirun!「え、そうなんですね!意外です!当時そんな学生だったとは想像つかないですよ笑」

専務「まあ昔からずっとそんな学生やったなぁ。それこそ高校卒業してから大学行かずにそのまま就職をしてんけど、就職しても相変わらず大変やったんよ」

Syumirun!「え、大学進学されなかったのですね!そのお話もっと詳しくお聞きしていいですか?!」

専務「いやいや、そんな乗り気で聞くような話ではないない(笑)」

「最初僕は建設会社に就職したんよ。平社員の一人として現場で作業をしてたんやけど、ほんっとに全然ダメで」

「それこそみんなが想像してる以上にダメな社員やったんよ」

Syumirun!「具体的にはどんなエピソードがあったんですか?」

専務「当時は現場監督から毎日どやされていたね。まあ今だったらないだろうけど当時はまだ叩かれるとかもあったし、お前みたいに使えない社員は今まで一度も見たことないって言われたこともあったなぁ(笑)」

「自分自身でもお荷物社員だとわかっていましたけど、実際にそう言われるとね…..。」

「落ち込むこともかなり多かったけど、根っこだけは腐らなかったのが結局良かったのかなって。うん、そう思います。」

Syumirun!「なるほど、そうなんですね…。」

「一つ質問良いですか?」

「そんな苦労続きだった竹之下専務が会社を興し、ここまで大きな企業へと成長させることになった転機は一体何だったのですか?」

専務「新入社員として入ってから数年経った時に、僕が退職を選んだからなんですよ。そしてちょうどその時に…..。」

 

 

<省略>(詳しくはイベントで!)

 

 

「最初はほんと失敗だらけで、他の人と比べても上手くいかないこと続きだった」という竹之下専務。

現在はトッププレイヤーとして活躍しているスポーツ選手も昔は下手だった。という話を聞くように

ビジネスマンも同様に最初から上手くいく人はなかなかいないということですね。

 

自分事としてもう一度考えてみてください

自分の想像通りに物事がうまくいかない、そんな時。

あなたなら、どうしますか?

 

仮にもし自分のミスが続いて「お荷物社員」と呼ばれてしまっても、心が折れたりしませんか?

 

そんな状況からの逆転劇、イメージすることがあなたにはできますか?

 

 

イメージできないのでしたら是非一度7/19の10:40から始まる講義に足を踏み入れてください。

 

「次の一歩を踏み出せない、そんなあなたの背中を押す」そんなきっかになるかもしれません。

 

以上ゆーきでした!

ここまで読んでくださった皆さんありがとうございました!

せっかくここまで読んでくださったのですから、行動を起こさなかったら今読んでた時間が勿体ないですよ!

皆様のご来場お待ちしております(一礼)人生先輩教室

 

 

そして2018年7月17日(火)には↓↓↓↓

プログラミングを教えてくれるセンパイがOICに!!

第一回人生先輩教室プログラミング編も開催します!

文系しかいないOICでもエンジニアの道が在ります!

プログラミングの世界への第一歩に!

人生先輩教室

お申し込みはこちらまで!↓↓

お待ちしております!!