コミュニケーションの取り方

おおきに!syumirunのぼーくんです。

前回、コミュニケーションって何?

って話をしておきながら、具体的にどうすればコミュニケーション能力が上がるの?

っていうお話ができてなかったです。

コミュニケーション能力の極みって僕の中でトップセールスマンです。

これを定義付けちゃいますね 笑

だって、自分で開発も価格設定も何もしてない商品をお客さんに買ってもらう。

普通に考えたら意味わからないですよね 笑

経験から話すと僕も一回生の頃、ある商品を売りまくってた時期がありました。

初日から、人と話すのが好きな僕はお客さんとセールストークをして、それなりの実績をそこから日々つけていきました。

慣れて来たある日、かつてトップセールマンだった店長の言葉に僕は結構な衝撃を受けました。

「ぼーくん、本当の接客はお客さんにずっと喋らせる事だよ。」

僕の中の

自分が商品に関して話した量=売り上げ

という方程式が崩れだかなりの衝撃の瞬間でした 笑

要は、お客さんのニーズも知らないのに商品勧めたら押し売りっていう事なんですよね!

その原理を知らず接客したら一生トップセールスマンになれない。との事でした。

この原理を使うと

コミュニケーション能力が高い人は
=人の話を聞くのが上手い人

これ使ったら自分話さなくていいのでめっちゃ楽です。

方法は、聞く時の姿勢を意識する!

具体的には、、、、

相手が結局何を伝えたいのかを知る

そして共感できれば共感する‼

これに集中しましょう!

結構コミュニケーションの意識変わります!

ではまた‼

ABOUTこの記事をかいた人

daiki

立命館大学経営学部3回生。来年「自主ゼミ」を開催!(予定)。あだ名は、”辻ちゃん”やダイキなど人によって異なる。中学生のころから、ひたすら人生を楽しむために毎日活動している。アルバイトは、家庭教師、塾講師など教育関係を中心に行っていた。ブラック企業だったが人生最大の経験となった。